2018年09月14日

『島のエアライン』(黒木亮著)を夢中で読む!

『島のエアライン』(黒木亮著)を夢中で読んでいる。
昨日、上巻を読了し、下巻へと移った。

熊本県の天草〜熊本、福岡間を運航する天草エアラインの創業から昨年までを描いている。登場人物はすべて実名とある。
地元、熊本の唯一の航空会社でありながら、私は天草エアラインについて何も知らなかった。恥ずかしながら、一枚の航空券すらも手配したこともなかった。熊本市内に住む人は、天草へはたいていは車で行くものだから。

それどころか、天草エアラインが一時期、天草〜松山(愛媛県)線を運航していたことすらも知らなかった。
「「熊本日日新聞」は、<天草エアライン開業5年周年 松山線効果でV字回復 2004年度見込み、前年度比6500人増 黒字化には依然厳しさ>という見出しで決算の概要を報じた」
(下巻 56ページ)
ロンドン在住作家に天草エアラインについてイチから教えてもらっているようなものだ。

世界各地を舞台にしたリアルなビジネスシーンを描く経済小説家、黒木亮の著作はほとんど読んでいる。その黒木亮が『週刊サンデー毎日』に天草エアラインについて長期連載していたのはネット情報で知りえていた。ロンドン在住なのにどんなきっかけで日本の地方のローカル航空会社をテーマとして選んだのか、最初は訝しく思った。

彼の作品『法服の王国 小説裁判官』に家庭裁判所天草支部が出てくる。その時、天草を取材に行く時に天草エアラインを利用したのだろうと推測する。もしそうだとすれば、力量のある作家は、そんなきっかけで、取材し、これだけの小説(というよりレポート)が書けるのだ。
posted by 太田黒 剛 at 16:13|