2018年12月28日

長い故障中

10月初めに3度目の足底痛を発症し、とうとう治らないまま年を越えそうだ(間違いなさそう)。

そもそも夏場から以前、痛めた箇所が再発したまま走り続けていた。走っている時に、時々、少々、痛みがあるが走れなくはない。あるいは、90分〜2時間ジョグのいつもよりも距離を踏んだ後、歩いても痛い。
<走りながら治れば…>
と(今から思えば)淡い期待をよそに、とうとう走れないくらい痛い状態まで悪化させてしまった。

こんな長く走れないでいるのは初めての経験(これまでは肉離れした時でも半月程度が最長)。
発症後、すぐにジム・トレーニングに切り替えた。トレッドミルも利用。その時には痛みはないが、シャワーを浴びて、ジムを出て、歩き出すと…痛みがある。
ジム・トレの代わりにタバタ式トレーニングに切り替えても、翌日とかに、歩くと…痛みがやっぱりある。
ウォーキングに切り替えてもそうだ。
やれやれ。

先々週、毎年6月の「阿蘇カルデラ・スーパーマラソン大会」は、熊本地震の震災影響が継続しており、「中止」と主催者の発表あり。
最大目標としている大会の中止に、正直、個人的には、ほっとした感がある。半年後でも、いまの足の状態では間に合わないだろうから。

例年だと、元旦からマラソン大会参加だが、今回は、ニューイヤー駅伝、箱根駅伝の観戦三昧となりそうだ。

年末年始の朝読は、『百代の過客 〈続〉 日記にみる日本人』 (ドナルド・キーン著) の予定。以前、購入していた本だが、なんせ八百ページ近い分厚い文庫(講談社学術文庫)なので手つかずになっていた。
posted by 太田黒 剛 at 14:42| 日記