2019年05月31日

光州と麗水の宿

宿への「耐度」は落ちたようだ。

特に投宿した宿が不潔や騒音が重なると、訪問地の印象まで悪化する。若い時は宿と訪問地の印象が直結することはなかったのだが、今回、光州で投宿した宿は、最悪で光州の印象まで悪くした。再訪問したい気になれない。

これまで宿は、初日と最終泊日だけを事前予約する程度だった。5年前の韓国行きもそうだし、その時はレイル・パスを利用したので、その日の宿泊地もその日の午後になって変えることすらあったから駅に着いてからその夜、宿を決めていた。
今回は、訪問地を絞り込んだことと、日程の後半、韓国も3連休になることもあり、全泊を事前予約した(初めてのことだ)。

光州の宿は、バックパッカー宿で、宿の名前にも「Backpack」の名が付いていた。3台の二段ベッドが並ぶドミトリー・ルームと個室が一部屋ずつの小規模の宿。もうドミを利用する気はないので、30前半まで利用していたが(苦笑)、個室に2泊した。
部屋は不潔とまではいかないが、使いづらいことこの上なかった。部屋には布団と枕が置いてあるだけで、他は何もない。エアコンのパイプに安物ハンガーが一つあるだけ。窓にはカーテンがなく、消灯しても部屋は外からの灯りで隅々まで見渡せる程だ。しかも近くは車量が多い大通りで、夜中も車のエンジン音が途絶えることがなかった。おまけに夜9時頃に宿に着いた韓国人の大学生、女性5人組が夜中の2時頃まで話し声がした(翌日、彼女らは大量のゴミを放置したまま去った)。

光州のバックパッカー宿は、何よりよくないのは、オーナーやスタッフ不在の「無人」宿であることが要因だ。このバックパッカー宿のオーナーらしい男性とは、チェックインの際、携帯電話で少し話しただけだった。宿代は、「1階のバイク屋に支払ってくれ」というのが主な内容で、そのバイク屋の青年からドアの入室のパスワード数字を教えてもらった。2泊目の宿泊者は私のみ。前夜の大学生グウープが残していった大量のゴミはそのまま。宿帳のようなものがあり、覗いてみたが、利用者は少ないようだ。利用者が少ないから「無人」宿で、施設の手入れもしないから、再利用者が少なく…、なのか。

一方、光州の前の麗水の宿は、これまで利用した宿でも三指に入るくらい素晴らしく、麗水じたいも好印象となった。同じ1泊3千円程度でも雲泥の差があった。場所、清潔さ、 景観(屋上があり港が一望できた)、使いやすさ、いずれも申し分ない。加えて、フロントは若くて綺麗ときている。
この麗水の素晴らしいホテルは運営の省力化には目を見張った。フロントはその美人さんひとりのみ。朝食時は、給仕のスタッフはおらず、食後の食器は、所定の場所に戻すだけではなく、使用者が自ら台所で洗い片付ける。片付けができやすいように、装置配備の絶妙さに思わず唸った。朝食には韓国らしくキンパ(のり巻き)があったが、フロントのお嬢さんの横には、予備のキンパが置かれていた。どうやらキンパ補充も彼女の役割らしい。

光州と麗水。連続しての雲泥の差の宿を利用できたのも何かのよい旅の縁。しかもほぼ同じ宿代というのが意義深い。両方の省力化の仕方の違いも示唆に富む。
posted by 太田黒 剛 at 17:01|