2020年10月06日

『世界史の構造』(柄谷行人著)を読了

ようやく『世界史の構造』(柄谷行人著)を読了。

本は付箋だらけ。これまでこの著者の著書は未読だが、この本はずいぶんと前に購入していた。著名な柄谷行人じたい、いつかは本格的に読みたい作家、思想家ではあったが、私の力量では、荷が重そう、とずっと躊躇していた。
今年の年頭、<マルクスを中心に読む>との契機と、コロナ禍で平日の日中に本が読める、との条件が重なり、柄谷行人の本との契りを得た。

『世界史の構造』の関連本となる『トランスクリティーク ― カントとマルクス』もすでにネット書店にて注目済み。
柄谷行人の著作は多数。しかもテーマの領域も広大。当面は、彼の著作も<マルクスを中心>に止めることにする。
posted by 太田黒 剛 at 15:05| 日記

2020年10月01日

マルクス

約1年半ぶりの更新。
ずいぶんとご無沙汰していた。

コロナ禍のあとも営業継続。
日中、事務所で本を読む時間だけは増大した(苦笑)。読書時間はこれまでの生涯で最も多いのでは。

コロナ禍以前から、年初から今年の「軸」とした分野はマルクスだ。
以前からマルクスがきになっていた。当店の電話番号の下4桁は「1867」。1867年はカール・マルクスが「資本論」の第一巻を刊行した年でもある。
まずは、マルクス研究家でマルクス本をたくさん出している的場昭弘氏の著作にナビゲーターにして読み進めた。
そして、私が最大のキー・ブックにしたのが『マルクス:ある十九世紀人の生涯』(上)、(下)、ジョナサン・スパーバー著である。マルクスの分厚い評伝本であるが、私が注視した最大の関心事は、ある(マルクス)のある十九世紀人の生涯を追うことである。

マルクス主義や資本論の読解ではない。マルクス主義「者」には深入りしない。マルクスの思考の土台をなしたヘーゲル、フォイエルバッハの哲学も深追いしない。資本論も宇野弘蔵の「経済原論」まではいかない。
それよりも、マルクスを中心に19世紀の欧州の諸相を眺めることである。マルクスの目にはどう映り、彼はどんな動きをしたか。
幸いにも日中も時間はたっぷりとあるから(苦笑)、マルクスと同時代を生きた、そして、同じ欧州にいた、「ある十九世紀人」の評伝も手にした。
まずは、相棒のエンゲルス。『エンゲルス: マルクスに将軍と呼ばれた男』(トリストラム・ハント著)。それから、マルクスも愛読していたバルザックの評伝『バルザック伝』(アンリ・トロワイヤ著)。他に評伝では、チャールズ・ダーウィン、アルフレッド・ウォレスなど。

いまは、マルクスの思想面がわかり、その発展を提示する『世界史の構造』(柄谷行人著)の終盤を読んでいるところ。

マルクス本はいまも陸続とでている。
今春出た『武器としての「資本論」』(白井 聡著)も今日的な問題を遡上にあげ、マルクスの考えの根幹に遡及する好著だった。
posted by 太田黒 剛 at 14:36| 日記

2018年12月28日

長い故障中

10月初めに3度目の足底痛を発症し、とうとう治らないまま年を越えそうだ(間違いなさそう)。

そもそも夏場から以前、痛めた箇所が再発したまま走り続けていた。走っている時に、時々、少々、痛みがあるが走れなくはない。あるいは、90分〜2時間ジョグのいつもよりも距離を踏んだ後、歩いても痛い。
<走りながら治れば…>
と(今から思えば)淡い期待をよそに、とうとう走れないくらい痛い状態まで悪化させてしまった。

こんな長く走れないでいるのは初めての経験(これまでは肉離れした時でも半月程度が最長)。
発症後、すぐにジム・トレーニングに切り替えた。トレッドミルも利用。その時には痛みはないが、シャワーを浴びて、ジムを出て、歩き出すと…痛みがある。
ジム・トレの代わりにタバタ式トレーニングに切り替えても、翌日とかに、歩くと…痛みがやっぱりある。
ウォーキングに切り替えてもそうだ。
やれやれ。

先々週、毎年6月の「阿蘇カルデラ・スーパーマラソン大会」は、熊本地震の震災影響が継続しており、「中止」と主催者の発表あり。
最大目標としている大会の中止に、正直、個人的には、ほっとした感がある。半年後でも、いまの足の状態では間に合わないだろうから。

例年だと、元旦からマラソン大会参加だが、今回は、ニューイヤー駅伝、箱根駅伝の観戦三昧となりそうだ。

年末年始の朝読は、『百代の過客 〈続〉 日記にみる日本人』 (ドナルド・キーン著) の予定。以前、購入していた本だが、なんせ八百ページ近い分厚い文庫(講談社学術文庫)なので手つかずになっていた。
posted by 太田黒 剛 at 14:42| 日記